資産運用のための不動産売買☆稼ぐ秘訣☆

資産運用のための不動産売買☆稼ぐ秘訣☆

SNS このエントリーをはてなブックマークに追加

資産運用のための不動産売買☆稼ぐ秘訣☆

世の中を見渡すと、様々な投資形態があることがわかりますね。
投資と一口に言っても、株投資、FX、投資信託、先物取引など、それぞれ特徴を持っています。
その中でも、「不動産投資」についてご存知でしょうか?
最近はテレビのコマーシャルでもよく「自分の土地の有効活用に」というキャッチフレーズを聞くことが多くなりましたね。
有名なところでは、大東建託などがありますね。
思い当たる方、実際に土地を所有している方の中には関心をお持ちの方も多いのではありませんか。
事実、賃貸マンションなどが増えています。
具体的に「不動産投資」の収入といえば「家賃」「礼金」ですよね。
自分が所有している土地や建物を他者に賃貸したりしてその賃料が収益となるわけですね。
不動産を所有していても、そのままにしておいても勿体無い話ですし、当然のことながら固定資産税、相続税等の税金対策に悩まされることになりますよね。
そこで、不動産投資の形で有効利用すれば、家賃等の形で安定した収入を得ることができますし、節税対策にもなるわけです。
これは京都市資産税課のページですが、各市町村の担当の部署が固定資産税に関する相談を行っています。
「不動産投資」を運用する場合には利用するのもいいでしょう。
株式の投資となると、株価の上がり下がりがありますからリスクが大きいですね。
その点、「不動産投資」ならば毎月、安定した収入が入ってくるわけですから運用の大きなメリットといえるでしょう。
そのようなメリットをもつ「不動産投資」ですが一方、株式等の投資に比べれば、当然のことですが投資金額も大きくなりますし、数千万単位のお金を動かすことになります。
場合によっては、家賃の未納といったケースに遭遇することもあるでしょう。
また、必ずしも借手がつくわけでもありませんから、空室率がアップするようなこともあります。
物件の立地条件なども賃料に絡んできますし、管理の維持をしなければならないなどのデメリットもあります。
そういった点を考慮した上での運用が肝心となってきます。
「不動産投資」にはメリット、デメリットの両面があります。
有利な点、不利になる点などについて述べていきたいと思います。
不動産をうまく活用して日々の生活に生かしていきたいものですね。
Copyright (C)2014資産運用のための不動産売買☆稼ぐ秘訣☆.All rights reserved.